内田家 タニヤ店

タニヤ通り(バンコクのシーロム地区にある日本人カラオケ街)の好立地にできた、横浜家系ラーメン店。
家系ラーメンは横浜発祥のラーメン。ベースは豚骨スープだが、鶏の出汁が入り、ほうれん草と海苔がトッピングされるのが特徴。
さし障りのない家系ラーメン。場所柄、飲んだ後にラーメンが食べられるのはうれしい。深夜2時まで営業(2013年7月現在)。価格は高め。
麺は日系製麺所製。
トンロ―通りの秀家と比較すると、パンチがない気がしましたが、人によって評価は違うでしょう。

家系ラーメン 200バーツ
横浜家系スペシャル 270バーツ
博多豚骨 180バーツ
博多豚骨スペシャル 250バーツ

内田家 タニヤ 看板外観

内田家 タニヤ 看板外観


内田家 玄関 外観

内田家 玄関 外観


内田家 店内

内田家 店内


内田家 店内 壁POP

内田家 店内 壁POP


内田家店内 テーブル席

内田家店内 テーブル席


内田家 店内カウンター席

内田家 店内カウンター席


内田家 メニュー

内田家 メニュー

激熱らーめん

場所:MBK7階(マーブンクローンセンター7階)
最寄駅:BTSナショナルスタジアム

営業時間:11:00-21:30 (L.O.21時)
定休日:無休
電話:02-611-7142

300℃以上の石鍋煮込ラーメン。
最後の一滴までスープはアツアツ!

【メニュー例】
とんこつらーめん 170B
しょうゆらーめん 150B
みそらーめん 150B
しおらーめん 150B
カレーらーめん 150B
トムヤムらーめん 120B

激熱らーめん 外観

激熱らーめん 外観


激熱らーめん メニュー

激熱らーめん メニュー


激熱ラーメン バナー

激熱ラーメン バナー

らーめん チャンピオンズ

スクンビット通り トンローソイ10を入って150メートル左側に位置する、日本の人気ラーメン店6店舗の集合体。

全店共通営業時間:
日曜~木曜 11:00-24:00(ラストオーダー23:45)
金曜~土曜 11:00-27:00(ラストオーダー26:45)

全店共通電話番号:02-392-9561~5

らーめんチャンピオンズに出店しているラーメン屋

  • 麺徳二代目つじ田≪濃厚豚骨魚介ラーメン≫
  • せたが屋≪東京 醤油魚介ラーメン≫
  • きび≪鶏白湯らーめん支那そば≫
  • 助屋×吟屋≪信州豚骨極味噌らぅめん≫
  • 大勝軒≪元祖つけ麺 東京池袋≫
  • 初代けいすけ≪こだわりの黒味噌ラーメン≫
らーめんチャンピオンズ外観

らーめんチャンピオンズ外観

らーめんチャンピオンズ店舗一覧

らーめんチャンピオンズ店舗一覧

麺匠 やまちゃん 京都屋台ラーメン

やまちゃんのラーメンは京都屋台風。
鶏ガラ、醤油ベースのラーメン。

麺匠 やまちゃん

うーん、どうなんでしょう。
やまちゃん、微妙です…
日本街には、「金のどんぶりラーメン」という、タイ人オーナーの、ちょっと痛い感じのラーメン屋があります。
「金のどんぶりラーメン」の悪い前例があったので、「やまちゃん」には期待したのですが・・・・・。
“気持はあるけど、素人がやってる店”という印象が拭えません。
やまちゃん頑張れ!

電話:02-258-2857/02-258-2856
住所:スクンビット 26 日本街2階
営業時間:昼11:30~14:00 夜17:00~24:00(L.O.23:30)年中無休
駐車場:有

幸楽苑 エカマイ店

幸楽苑はBTSエカマイ駅に直結するショッピングセンター「Gateway」(ゲートウェイ)で営業するラーメン屋。
東北、北関東を中心に日本全国で500店舗のラーメン店展開しているラーメンチェーン店。
昭和29年福島にて創業、多加水熟成麺を売りにしている。

場所:BTSエカマイ駅前直結のショッピングセンター、ゲートウェイ内
営業時間 : 10:00~22:00
定休日 : 無休
席数数:48
電話:02‐108‐2803 083‐090‐6221(日本語)

醤油、味噌、塩、冷やし 各ラーメンをメニューに揃えています。また、セットメニューも豊富。
単品メニューの他、中華そば+餃子ORチャーハンORチャーシュー丼の各バリューセットや、ドリンクとのセットメニュー等、複数のセットメニューが用意されている。

【メニュー】
中華そば:99バーツ
餃子が 69バーツ
鉄鍋チャーハンが 89バーツ
濃厚魚介つけめん 139バーツ
塩野菜らーめん 139バーツ
味噌ねぎらーめん 159バーツ
肉中華そば 159バーツ
冷やし中華 159バーツ

幸楽苑外観

幸楽苑外観


幸楽苑のラーメン

幸楽苑のラーメン


幸楽苑メニュー例 クリックで拡大

幸楽苑メニュー例 クリックで拡大

グランドラーメン

グランドラーメン屋、安さと量が売りの中華店のラーメン屋。
ラーメンだけでなく、街の中華屋さんで一般的なメニューを揃える。
裏には日本人出張者の利用が多い「グランドタワーイン」がある。グランドタワーインの駐車場を利用することができる。
店の中が少々油っぽい。

スクンビット ソイ26にオープンしたグランドラーメンとは無関係(どうして同じ名前にするのだろう。意味不明!)

【店舗情報】
名称グランド・ラーメン
ラーメン種類:オーソドックスな中華屋のラーメン
場所:スクンビット通り トンローのスクンビット側から入って100メートル左手 ホテルグランドタワーイン 
最寄駅:BTSトンロー駅徒歩5分
営業時間:11:00-23:00
定休日:基本年中無休
電話:02-714-1020

グランドラーメン

グランドラーメン トンロー

居酒屋 卯月

居酒屋:卯月
場所:スクンビット通りソイ11 Grand President(グランドプレジデント) 内1階
14, 16 Sukhumvit Soi 11, Bangkok 10110, Thailand

ねぎラーメン(130バーツ)
海老だし塩らーめん
栃木醤油らーめん
らーめん以外の種類が豊富

BTSスカイトレイン、ナナ駅から徒歩5分。
本来、卯月は居酒屋ですが、地元バンコクではラーメンが美味しいことで知られています。
場所柄、夜遊びの後のラーメンに最適。
醤油ベースのあっさりラーメンがベースです。

東京豚骨拉麺ばんから

ばんから とんこつらーめんばんから 店表ばんからラーメンは、午前11時の開店前には店の前に人が集まる超人気店で、1日に数百食を売る。客層はタイ人6割、日本人4割といったところか。

【所在地 場所】
スクンビット通りソイ39の「ザ・メナー・プラザ」
Sukhumvit Soi39の中程、「PSIマンション」「ル・クリナン」の向かいにあります。
店舗の床面積は150平方メートル。
席数は全68席。

【営業時間】
11時~23時

【メニュー例】
醤油とんこつラーメン(ばんかららーめん):160B
とんこつラーメン:170B
完熟味噌ラーメン:190B
つけ麺190B
餃子60B

【実際に食した感想】
一番人気のあるラーメンは、醤油ダレを豚骨スープで割った、「ばんからラーメン」店名を冠した看板ラーメン。
麺はゆるいウェーブの入った中太麺。
思ったほどスープの濃度は高くないが、味はしっかりしている。
何か一品オーダーするのであれば、「ばんからラーメン」がお勧め。

濃厚とんこつラーメンは、かなり濃厚な豚骨白濁スープでマイルド。麺はストレートの細麺。お好みでにんにくを砕いて後乗せOK。とにかくスープが濃厚マイルド、そして後引く味。後味が西洋料理のクリームスープに似ていて、クリームか牛乳を入れているような味。

どのラーメンも多少甘みが強いように感じるのは、タイ人向けにアレンジしているのだろうか?

店内は広く、黒を基調にしたベーシックな店内。家族連れでも十分な大きさだ。ただ、大きい分、独りで食べに行くのが少し気が引ける。また、少し分かりにくい立地で看板も無く。夜は特に分からないだろう。初回、私は30分探したが発見出来ず、結局違う店に入った。

http://www.hanaken.co.jp/company/index.html

花研からマスターフランチャイジーを取得したサイアムウインド・タラが運営。 バンコク一号店は、2008年6月オープン

秀家

秀屋 とんこつらーめん秀家

トンロー57の奥まで歩いて行った先に店を構えています。場所はかなりわかりずらいが、「味で勝負する」という意気込みだろうか。毎日スープが無くなったら店じまいという、横浜家系こだわりの店。店には常時日本人従業員がいるので、麺の茹で方や、スープの熱さ等は、質が高い。
横浜家系とは、濃度の高い、豚骨+鶏油+醤油 をスープ 麺は中太麺のラーメン。ホウレンソウと海苔のトッピングも特徴の一つ。

実際に食した感想

メニューはとんこつラーメンのみ(現在はつけ麺をやっているが、今後どうなるかわならない。2012年7月)、麺の量で金額が変わり、また麺の固さ、味の濃さ、油の量を3段回にて調整可能。味はかなり濃いが、なぜか後引く味。実際にリピーターが多い。店内はこざっぱりで小綺麗にしているが、他店とは大きく違う。ラーメン屋の根本的な考えが違うのだろう。

支那そば きび

きび 鶏白濁る鶏がら白濁スープらーめん
白いスープは、鶏がらだけで作られている。白濁したスープは、深みがありとろみが出るくらいのコクが出ている。スープにはコラーゲンがたっぷり。麺の上には贅沢にも鶏チャーシューが3枚に豚チャーシューが3枚並び、メンマ、半熟玉子、ねぎ、ごまもトッピングされている。食べ応え十分の逸品だ。

場所:トンローソイ10のARENA10 らーめんチャンピオンズ内
東京スペシャルらーめん:280B
鶏白湯スペシャルらーめん:290B
鶏そばスペシャルらーめん:270B

実際に食した感想

鶏白湯スペシャルらーめんをオーダー、濃厚な鶏がらスープは美味、口の周りに残るべたつきはコラーゲンを感じる。かなりのボリュームで、食べ応えを感じたが、スープがぬるかった。その一因が大きい。店内はラーメンチャンピオン内で、こじんまりしているが、小綺麗にしている。

http://www.kibikibi.net/

「らーめんチャンピオンズ」内の一店。
OISHIグループ創始者で有名なタン元社長が日本の若手飲食店経営者らと共同出資した合弁会社
ジャパニーズ・プライム・レストランンツ・マネジメント(Japanese Prime Restaurants Management)が運営。