らーめん チャンピオンズ

スクンビット通り トンローソイ10を入って150メートル左側に位置する、日本の人気ラーメン店6店舗の集合体。

全店共通営業時間:
日曜~木曜 11:00-24:00(ラストオーダー23:45)
金曜~土曜 11:00-27:00(ラストオーダー26:45)

全店共通電話番号:02-392-9561~5

らーめんチャンピオンズに出店しているラーメン屋

  • 麺徳二代目つじ田≪濃厚豚骨魚介ラーメン≫
  • せたが屋≪東京 醤油魚介ラーメン≫
  • きび≪鶏白湯らーめん支那そば≫
  • 助屋×吟屋≪信州豚骨極味噌らぅめん≫
  • 大勝軒≪元祖つけ麺 東京池袋≫
  • 初代けいすけ≪こだわりの黒味噌ラーメン≫
らーめんチャンピオンズ外観

らーめんチャンピオンズ外観

らーめんチャンピオンズ店舗一覧

らーめんチャンピオンズ店舗一覧

グランドラーメン

グランドラーメン屋、安さと量が売りの中華店のラーメン屋。
ラーメンだけでなく、街の中華屋さんで一般的なメニューを揃える。
裏には日本人出張者の利用が多い「グランドタワーイン」がある。グランドタワーインの駐車場を利用することができる。
店の中が少々油っぽい。

スクンビット ソイ26にオープンしたグランドラーメンとは無関係(どうして同じ名前にするのだろう。意味不明!)

【店舗情報】
名称グランド・ラーメン
ラーメン種類:オーソドックスな中華屋のラーメン
場所:スクンビット通り トンローのスクンビット側から入って100メートル左手 ホテルグランドタワーイン 
最寄駅:BTSトンロー駅徒歩5分
営業時間:11:00-23:00
定休日:基本年中無休
電話:02-714-1020

グランドラーメン

グランドラーメン トンロー

秀家

秀屋 とんこつらーめん秀家

トンロー57の奥まで歩いて行った先に店を構えています。場所はかなりわかりずらいが、「味で勝負する」という意気込みだろうか。毎日スープが無くなったら店じまいという、横浜家系こだわりの店。店には常時日本人従業員がいるので、麺の茹で方や、スープの熱さ等は、質が高い。
横浜家系とは、濃度の高い、豚骨+鶏油+醤油 をスープ 麺は中太麺のラーメン。ホウレンソウと海苔のトッピングも特徴の一つ。

実際に食した感想

メニューはとんこつラーメンのみ(現在はつけ麺をやっているが、今後どうなるかわならない。2012年7月)、麺の量で金額が変わり、また麺の固さ、味の濃さ、油の量を3段回にて調整可能。味はかなり濃いが、なぜか後引く味。実際にリピーターが多い。店内はこざっぱりで小綺麗にしているが、他店とは大きく違う。ラーメン屋の根本的な考えが違うのだろう。

支那そば きび

きび 鶏白濁る鶏がら白濁スープらーめん
白いスープは、鶏がらだけで作られている。白濁したスープは、深みがありとろみが出るくらいのコクが出ている。スープにはコラーゲンがたっぷり。麺の上には贅沢にも鶏チャーシューが3枚に豚チャーシューが3枚並び、メンマ、半熟玉子、ねぎ、ごまもトッピングされている。食べ応え十分の逸品だ。

場所:トンローソイ10のARENA10 らーめんチャンピオンズ内
東京スペシャルらーめん:280B
鶏白湯スペシャルらーめん:290B
鶏そばスペシャルらーめん:270B

実際に食した感想

鶏白湯スペシャルらーめんをオーダー、濃厚な鶏がらスープは美味、口の周りに残るべたつきはコラーゲンを感じる。かなりのボリュームで、食べ応えを感じたが、スープがぬるかった。その一因が大きい。店内はラーメンチャンピオン内で、こじんまりしているが、小綺麗にしている。

http://www.kibikibi.net/

「らーめんチャンピオンズ」内の一店。
OISHIグループ創始者で有名なタン元社長が日本の若手飲食店経営者らと共同出資した合弁会社
ジャパニーズ・プライム・レストランンツ・マネジメント(Japanese Prime Restaurants Management)が運営。

めん徳二代目つじ田

つじ田 2代目らーめんつけ麺が有名
魚介と豚骨のダブルスープを使ったつけ麺。とても濃厚なつけ汁で、太い麺にも良くからむ。濃厚だが、甘さ・辛さ・酸味のバランスが取れている。半分食べた後には、からあげと一緒にあげた唐辛子をつけ汁に入れると程良いアクセントになる。
Ramen Champions, Soi Thong Lo 10, Soi 55,トンローソイ10のARENA10内。
つけ麺:230B
らーめん:200B
2代目らーめん:250B

実際に食した感想
2代目ラーメンをオーダー、濃厚なとんこつに魚介そして魚粉が効いて絶妙な味。美味で癖になる。濃厚であるが意外にスープまで飲み干せてしまうだろう。スモールサイズもあり、女性客にもお手ごろだ。店内はラーメンチャンピオン内で、ガラス張りでこじんまり。昼過ぎ入店だったので、キッチンのタイ人スタッフが厨房を清掃していた。見えないようで見えてしまうのがキッチン。心意気を感じた。

http://www.nidaime-tsujita.co.jp/

「らーめんチャンピオンズ」内の一店。
OISHIグループ創始者で有名なタン元社長が日本の若手飲食店経営者らと共同出資した合弁会社
ジャパニーズ・プライム・レストランンツ・マネジメント(Japanese Prime Restaurants Management)が運営。

東京ラーメン けいすけ

けいすけ 東京醤油らーめん黒味噌らーめん
一番の特徴は、スープ。7種類のみそと竹炭をブレンドしたスープは、「黒極」の名前の通り黒く濁っている。麺は、少し太めのかためん。厚く切られたトントロは、よく煮込まれて柔らかい。麺を食べ終えたら、スープにご飯を入れて雑炊風にして、好みによりそこに温泉卵を加えれば二度美味しい。
ARENA10 Thonglorsoi 10, Sukhumvit Rd. Klongtan-Nua,Wattaa,Bnkok
営業時間:午前11時~午後2時
午後5時~午後11時
土日祝 午前11時~午後11時
東京醤油らーめん:180B
味噌ラーメンスペシャル:250B
塩ラーメン味玉入り:205B
シビレ味噌ラーメン:190B

実際に食した感想

東京醤油ラーメンをオーダー、昔懐かしい鶏がら醤油で、奥深い味。インパクトに欠けるが基本に忠実なオーソドックスなラーメン。店内はラーメンチャンピオン内でガラス張りでこじんまりとしている。店内ではWIFIが無料で利用できる。

http://www.grandcuisine.jp/keisuke/

「らーめんチャンピオンズ」内の一店。
OISHIグループ創始者で有名なタン元社長が日本の若手飲食店経営者らと共同出資した合弁会社
ジャパニーズ・プライム・レストランンツ・マネジメント(Japanese Prime Restaurants Management)が運営。

せたが屋

せたが屋 漁労らーめん魚介系醤油らーめん
らーめんチャンピオンズの中で比較的さっぱりとしたラーメンを出すのが、ここ「せたが屋」だ。スープは、濁った魚介系で魚介の香りと旨みがでている。魚独特の臭みはなく、豚骨のスープと魚介のスープがよく麺にからむ。個性的な6店舗が集まる中で、最もシンプルで最後まで飽きることなくスープまで美味しくいただける。
Ramen Champions, Soi Thong Lo 10, Soi 55,トンローソイ10のARENA10内。
らーめん:190B
らーめん味玉:220B
ワンタン麺:220B
せたが屋らーめん:270B

実際に食した感想

漁労ラーメンをオーダー、かなりしょっぱい魚介スープに背油どっさり、そして炒めた野菜の上に大量の生の砕いたにんにく。破壊力抜群だ。味を感じる前に撃沈です。癖になるというか、すさまじいラーメンだ。店内はラーメンチャンピオン内で、ガラス張りでこじんまり。清潔感あり。

http://www.setaga-ya.com/index2.html

「らーめんチャンピオンズ」内の一店。
OISHIグループ創始者で有名なタン元社長が日本の若手飲食店経営者らと共同出資した合弁会社
ジャパニーズ・プライム・レストランンツ・マネジメント(Japanese Prime Restaurants Management)が運営。

まごころ

【店舗情報】
ラーメン種別:豚骨ラーメン
場所:スクンビット通り トンロー ソイ3を入って50メートル右手。日本料理屋マルの3軒隣。
最寄駅:BTSトンロー駅徒歩10分
営業時間:平日11:30~14:00 / 17:30~23:30 土日11:30~23:30
定休日:無し
電話:02-712-5209

【メニュー】
まごころラーメン:190バーツ

まごころラーメンがオープンしたのは、バンコクにラーメンブームがやって来るだいぶ前。
オープン当初に何度か訪れたことがあるが、今回2012年11月に再訪してみた。
店の外観や内観は変わっていなかったが、味とメニューには変化があった。
まごころラーメンは九州豚骨に近い豚骨の細めんラーメンなのだが、オープン当初よりスープがかなり薄くなった。豚骨のパンチをあまり感じない。良く言えばさっぱりしたラーメンとも言える。チャーシューは昔とあまり変わらず美味しかった。
メニューは大幅に変更されて、豚骨ラーメンの他に醤油、味噌、つけ麺が増えていた。ラーメン以外のサイドメニューも大幅に増えていて、カレーライス等もある。
ラーメンブームと騒ぎたてられてはいるけど、やっぱりラーメン専門店でやって行くのは難しいのか?
最近は居酒屋形態なるラーメン屋が多いですね。
餃子は手作りの小さめの餃子。
日本人従業員はいなかった。

隣の日本料理屋マルもオープン当初の勢いが感じられなかった。
高級日本料理なんだから、店頭はパッと華やぐ感じにしてもらいたい。

まごころラーメン店内

まごころラーメン店内

豚骨スープのまごころらーめん

豚骨ラーメン。スープ白濁系。