らあめん亭

10年以上前から営業している、中華店的ラーメン屋。
オーソドックスだが外れのないラーメンが食べられるだけでなく、天津麺、五目焼きそば、チャーハンやマーボー丼、野菜炒め等々、中華系のメニューが豊富。日本の漫画や新聞が置いてあるので、単身赴任者や出張者の食卓代わりになる。また、店舗によって座敷や個室があるので、週末には家族連れで利用することもできます。

現在バンコクで4店舗営業中。

[ラーメン亭 店舗情報]
シーロム本店 電話02-235-4326 営業時間11:00-24:00 
スクンビット33店 電話02-662-0050 営業時間11:00-24:00
スクンビット39店 電話02-662-1273 営業時間11:00-22:30
タニヤ店 電話02-234-8082 営業時間11:00-02:00

らあめん亭外観

らあめん亭の外観。外観は各店舗共通のつくり。

らあめん亭メニュー

らあめん亭メニュー、幅広いセレクションでご飯系も充実している。

オーソドックスなラーメン

オーソドックスで外れのないラーメン

茶々(ちゃちゃ) 豚骨濃厚ベジポタラーメン

豚骨濃厚ベジポタ系ラーメン。ナナプラザで遊んだあとにどうぞ!
麺は中太麺。スクンビット ソイ4 ナナプラザがある通りの奥に位置していて、深夜3時まで営業しているので、「遊んだ後にラーメン」が可能。バンコク在住の日本人に濃厚ラーメンが人気だが、居酒屋なので色々な居酒屋料理も楽しめる。

場所:スクンビット通り ソイ4を入って100メートル ナナプラザを少し過ぎたあたり
営業時間:12:00~深夜3時 年中無休
電話:02-254-4781
駐車場:有 ラジャホテルの駐車場利用

茶々 外観

茶々 外観 スクンビットソイ4 入って100メートル

茶々 店内

茶々店内

茶々 濃厚ラーメン

茶々の濃厚なラーメン

博多らーめん 幸昌(こうまさ)

幸昌の店内は広く、チェーン店風の清潔感のある内装。
場所柄、土日には家族連れのお客さんも多い。
ラーメン店のスタイルは、1品で勝負する特殊なラーメンではなく、グループや家族連れでも楽しめるように、博多ラーメン(豚骨白濁)、味噌ラーメン、横浜家系ラーメンを用意する、オーソドックスなスタイル。エカマイ、プラカノンエリアで営業している「毘沙門」と同系列ということで納得。
チェーン店ほどシステム化されてないが、個人店主の店よりもシステム化されていて、ちょうど2つの中間に位置するラーメン屋ですね。
日本人の従業員は、私が訪れた際はいなかったが、普段は店にいるとの情報もある。

どのスタイルのラーメンも、それなりに美味しい。麺は少なめ。麺は日系製麺所からとっている。小麦の風味がして美味しい麺だが、残念なことに素材の味が100%出るようには茹でられてなかった。おそらく茹で時間と温度の管理。博多ラーメンは90グラム位。女性にはちょうど良いかもしれないが、空腹時の男性はもうちょっとガッツリ食べられる麺の量がほしい。
横浜家系ラーメンの麺は、麺の量は100グラム強?。スープが若干獣臭がした。
チャーシューは豚バラ肉のチャーシュー。

横浜家系風ラーメン

横浜風醤油ラーメン

幸昌店内

清潔で明るい店内

ニラキムチ 付け合わせ

ラーメンの付け合わせ ニラキムチに関するウンチク

豚骨スープのウンチク

豚骨スープ作りに関するウンチク

麺に関するウンチク

ラーメンの麺にもこだわっているというウンチク

仙台辛味噌 もっこりラーメン

仙台辛みそ もっこりラーメンは、数あるバンコクのラーメン店の中でも、
かなり昔から営業しているお店です。
スクンビットのラーメン激戦区 トンロー店と、シーロム店の2店舗を構えます。

もっこりラーメンは、低価格と量を売りにしている店。
確かに価格は安く、麺の量は日本並180グラム位はあります。

味は価格相応!
スープはほぼ豚の出汁を感じない、味噌汁に近い味。
麺はローカルの製麺所の麺。たっぷりのお湯と、正しいゆで時間で作れば、そこそこ美味しい麺だと思いますが、日系製麺所の麺にはかないません。

仙台味噌らーめん:109B
野菜炒め味噌らーめん:129B
焼肉丼:70B

【トンロー店店舗情報】
場所:スクンビット通りからソイ55(トンロー)に入り、約200メートル右手。
最寄駅:BTSトンロー駅
営業時間:11:00-24:00
電話:02-392-0811

【シーロム店店舗情報】
場所:シーロム店はシーロムソイ6を入って、マンゴーツリーを左に曲がって真っ直ぐ行った所。日本料理店「伯楽」の真向かい。タイスキのコカ本店から200m
最寄駅:BTSサラデーン駅徒歩15分、チョンノンシー駅徒歩10分
営業時間:昼11:00-14:30 夜17:30-24:00
定休日:ソンクラン(タイ正月)及び、年末年始
電話:02-634-2319

仙台辛みそもっこりラーメン 外観

仙台辛みそもっこりラーメン トンロー店外観


仙台辛みそもっこりラーメン トンロー店店内

仙台辛みそもっこりラーメン トンロー店店内


仙台辛みそもっこりラーメン シーロム店外観

仙台辛みそもっこりラーメン シーロム店外観


仙台辛みそラーメン

仙台辛みそラーメン

味噌屋(Ramen Misoya)

スクンビット通り トンローのソイ13を100メートルほど入った日本村の向かいにある味噌ラーメン専門店。タウンハウスを利用した店舗で約70席。ラーメンブームに乗って、タイ以外にもニューヨーク等にも店舗を構えている。チェーン店ぽさを感じるつくり。日本村に集まる日本人客の集客を狙う。

MISOYA営業時間
無休営業
平日16:00~24:00
土日祝11:00~
電話:089-053-7474

ラーメンは味噌ラーメンが中心で、北海道風味噌ラーメン、東京風味噌ラーメン、九州風味噌ラーメンと主要なラーメンスタイルをおさる。バリエーションは豊富でどれもそこそこ食べることができるが、オーソドックスであまり個性は感じない。餃子、チャーハン、から揚げ等、一般的な代表メニューをおさえている。幅広い客層の支持を狙っているのだろうから、週末に家族で訪れたりするには良いかもしれないが、驚くようなラーメンを期待している場合は、別の店に行った方が良いかもしれない。価格は149バーツ~259バーツだが、トンロー周辺で、チェーン店の内装、タイ人従業員が多いことを考えると、価格はこんなところに落ち着く。味噌はバンコク近郊で作っている味噌を自社で加工しているのではないかと思われるが、日本から運んでいるのであれば、相当なコストがかかるので、この価格で販売しても150杯以上売らないと採算は取れないんじゃないだろうか。

みそや外観

みそや外観


みそやラーメン

みそやラーメン


みそやメニュー

みそやメニュー

居酒屋 卯月

居酒屋:卯月
場所:スクンビット通りソイ11 Grand President(グランドプレジデント) 内1階
14, 16 Sukhumvit Soi 11, Bangkok 10110, Thailand

ねぎラーメン(130バーツ)
海老だし塩らーめん
栃木醤油らーめん
らーめん以外の種類が豊富

BTSスカイトレイン、ナナ駅から徒歩5分。
本来、卯月は居酒屋ですが、地元バンコクではラーメンが美味しいことで知られています。
場所柄、夜遊びの後のラーメンに最適。
醤油ベースのあっさりラーメンがベースです。

バンコクで食べるラーメンは、濃くてしょっぱい!?

バンコクで色々ラーメンを食べましたが、どこも味が濃く、しょっぱいなぁと感じました。
タイ人が濃くて、塩っ辛い味が好きだからでしょうか?
タイ人スタッフを使うことで、一定の味が保つことができなくて、濃くなったり、しょっぱくなったりしているのでしょうか?
現場で日本人が管理しているラーメン店は、比較的味が濃くなく、しょっぱくなかった印象です。

ラーメン用 製麺所

2011年、日本からバンコクにラーメン店向けの製麺工場がやってきました。
それ以前は、バンコクのローカル製麺所しかなかったので、ラーメン店によってはわざわざ日本から、麺を空輸していたようですが、バンコクの製麺所から麺が送られるようになってからは、日系製麺所の麺を利用するラーメン店が増えました。
製麺所は日系の製粉会社が出資しているようで、今後バンコクでラーメン店が増えることに期待しています。使う小麦は多種にわたり、株主でもある製粉会社から美味しい小麦を仕入れていあす。日系の製麺所ができてからバンコクのラーメンの味は向上し、競争が激しくなりました。
タイの製麺所で作られる麺は、安くて良いのですが、小麦の香りと味が少ない。
日系製麺所の麺は、良い小麦を使い、また製品管理がしっかりしているので、風味が良い。

ちゃぶ屋とんこつらぁ麺CHABUTON

ちゃぶとん とんこつらーめんちゃぶとん らーめんメニューサイアムスクエア店
とんこつラーメン
258,258/1-4 Siam Square Soi3,Rama1Road,
Pathumwan,BKK10330
席数66席 営業時間11:00~22:00
最寄り駅 BTSサイアム駅(バンコク・スカイトレイン)禁煙タイム終日禁煙
辛塩ラーメン:195B
味噌ラーメン:195B
ちゃぶ屋流塩とんこつラーメン:130B(白)/175B(黒)
ちゃぶ屋流カラカラ塩とんこつラーメン:195B
餃子:80B

実際に食した感想

とんこつ醤油らーめんをオーダー、出てくるまでの時間が短く、スタッフの教育を感じる。味はクリーミーなとんこつで薄味だが、ゴマが効いており美味、細麺と良く合う。ただ、スープがぬるい。店内は清潔感があり、スタッフの動きやテーブルの清掃にも教育を感じる。立地も良く、多くのお客様に利用されている。

http://www.chabuton.com/chabuton/shop/eachshop/siam.html

グロビートジャパンが現地提携企業セントラル・レストラン・グループ(CRG)に運営を委託。テレビ東京の「TVチャンピオン」新行列店ラーメン職人選手権で優勝した森住康二さんとのコラボレーションブランド。
一号店のサイアムスクエア店は、2010年3月オープン。
二号店のセントラルワールド店は、2010年12月オープン

東京豚骨拉麺ばんから

ばんから とんこつらーめんばんから 店表ばんからラーメンは、午前11時の開店前には店の前に人が集まる超人気店で、1日に数百食を売る。客層はタイ人6割、日本人4割といったところか。

【所在地 場所】
スクンビット通りソイ39の「ザ・メナー・プラザ」
Sukhumvit Soi39の中程、「PSIマンション」「ル・クリナン」の向かいにあります。
店舗の床面積は150平方メートル。
席数は全68席。

【営業時間】
11時~23時

【メニュー例】
醤油とんこつラーメン(ばんかららーめん):160B
とんこつラーメン:170B
完熟味噌ラーメン:190B
つけ麺190B
餃子60B

【実際に食した感想】
一番人気のあるラーメンは、醤油ダレを豚骨スープで割った、「ばんからラーメン」店名を冠した看板ラーメン。
麺はゆるいウェーブの入った中太麺。
思ったほどスープの濃度は高くないが、味はしっかりしている。
何か一品オーダーするのであれば、「ばんからラーメン」がお勧め。

濃厚とんこつラーメンは、かなり濃厚な豚骨白濁スープでマイルド。麺はストレートの細麺。お好みでにんにくを砕いて後乗せOK。とにかくスープが濃厚マイルド、そして後引く味。後味が西洋料理のクリームスープに似ていて、クリームか牛乳を入れているような味。

どのラーメンも多少甘みが強いように感じるのは、タイ人向けにアレンジしているのだろうか?

店内は広く、黒を基調にしたベーシックな店内。家族連れでも十分な大きさだ。ただ、大きい分、独りで食べに行くのが少し気が引ける。また、少し分かりにくい立地で看板も無く。夜は特に分からないだろう。初回、私は30分探したが発見出来ず、結局違う店に入った。

http://www.hanaken.co.jp/company/index.html

花研からマスターフランチャイジーを取得したサイアムウインド・タラが運営。 バンコク一号店は、2008年6月オープン